象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半

象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半|諸事情ありまして

メコン川の夕日

一度ホテルに戻り、この日の夕食を決めて再び外出

メコン川へ沈む夕日が見えたので立ち寄ることに

象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半|諸事情ありまして

あぁとっても綺麗

メコン川は汚いけどとっても綺麗

乾季に現れる手作りの橋

象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半|諸事情ありまして

到着した日から気になっていた、メコン川の反対にあるナムカーン川にかかった竹製の橋

これを渡った向こうには何があるんだろう?

調べてみると、渡った先にはレストランや土産物屋なんかがあるらしい

今日はそのレストランで食事をすることにした。

この橋は乾季にだけ作られる橋だそうで、渡るには片道5000キップ(約63円)必要。

この売り上げでまた次の年の橋を作るんだとか。

雨季でも大丈夫な橋を作って、無人の自動改札機なんかも作ろうと思えばできそうだけど、このままの風景が残って欲しい

ラオス名物のラオスフォンデュ

象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半|諸事情ありまして

橋を渡った先のレストラン、「ジェンサバーイ」について驚いた。

めーーーーーっちゃくちゃオシャレなのである!!!

まるで京都の鴨川の川床のカフェにでもいるかのような

素晴らしく綺麗でお洒落な空間だった

お客さんも国際色豊か

ラオスなんて私の中では盲点な国だったが、ニューヨークタイムズで「世界で1番行きたい国」にも選ばれたらしく元フランス領なのもあって特にヨーロッパ方面の人が多い印象だった

ここで名物だというラオスフォンデュを頼んでみた

象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半|諸事情ありまして

設置されたのはタイではムーガタで使用されるジンギスカン鍋のような形のアルミ鍋だ。鍋は同じものの、ムーガタと違って使われるスープはオニオンスープで、肉はバッファロー、ポーク、チキンから選べたし、追加で頼むこともできた。バッファーってホントか?牛肉でなくて?と思いつつタイの牛肉ってそんなに美味しくないからラオスも似たり寄ったりだろうという見解から豚肉を選択。

野菜も新鮮で美味しそうな野菜が綺麗に盛られ、いつも我々が食べているムーガタとははるかに格が違う。

味はいつものムーガタにくらべるとサッパリ!

量を見て足りなさそうと思い、あとでエクストラ肉を頼もうとはなしていたが、

サービスでナスのパコラが付いてきてて、

これで結構お腹いっぱいになってしまった

注文内容
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ラオフォンデュ:850000
ラオビール:15000
コーラ:12000
ーーーーーーーーーーーーーーーー
合計:112000キープ
(サービス料なし)

キープで見ると相変らず桁がすごいけど日本円で約1,431円!一人700円程度でした。

このロケーションにこの料理で!?やすぅい!

あぁなんてステキなところなんだ

ルアンパバーン

ナイトマーケットへ

象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半|諸事情ありまして

再びすっかり暗くなってライトアップされた橋を渡って

お土産を物色しに帰りにナイトマーケットへ

職場や家族や自分用に雑貨などを色々物色

象使い免許を取りにいった話ー2日目 後半|諸事情ありまして

ちょうど日本の友達2人に赤ちゃんが生まれる予定だったのでスタイを買うことにした。

子どもたちが一生懸命物を売っていてあまり好ましくないがミャンマーで見かけたよりは悲壮感は感じない

値段を聞いてみたところ「15000キープだよ!」(200円ほど)

もう買うつもりで選んでいたら、何も言ってないのに

電卓を叩いて10000キープに値下げしてくれた。

なんかしっかりしてて可愛かったので

いいよいいよと言って

30000キープで2枚購入今となってはもっと買ってあげてもよかったなぁ

RECOMMEND GOODS