何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった

何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

リエントリーパーミット

先日リエントリーパーミットを取りに行ったことはお伝えしましたが、

なぜそれが必要だったかというと、遡ること昨年末

働かせていただいております職場の忘年会にて、「ミャンマーへの航空券」をくじ引きで当ててしまったのだった。

「わーーーーい!!!」と喜んだもの、
ミャンマーの知識、いっこもなーーーーい!(笑)

えーーーっと、行ったら帰る時には僧侶になって両肩にオウムを乗せて竪琴を弾くことになるところだっけ???て、くらいの知識しかありませんよ

とにもかにもミャンマーへ行くためにはビザが必要なんですのよ

私は観光ビザになるんだけど、これがアライバルビザでは取れないんだって。

ビザ取得方法

方法としては大使館に行って取るかネットでeVISAを取る方法があるんだけど、eVISAはネットで取ったらそのプリントアウトを持ってって、空港でスタンプ押してもらうだけらしく、何せ対面で事前に取得手続きして目の前でもらってないと不安だし、記念に写真付きのビザが欲しいので大使館で取ることにした。

そこで、平日の休みの日が出発日までに2日しかないことに気づく。

まず1日目の休日で受付に渡し、次の週の2日目の休日にパスポートを取りに行こうとしたんだけど、なんとその日私の90日レポートというののためにパスポートを会社に預けなくてはならなくなった。許可をもらってタイで働いているため、ちょこちょことこういう手続きが必要みたい。

どうしようかなぁと思っていたら、前にミャンマーに行ったことがある人から業者を使うという手があると教えてもらった。ミャンマー大使館の周りにいっぱいあるんだって。

会社の人に相談したら、午前10時には私のパスポートは返せると思うよとのことだったので、B.O.Iへ10時に行ってパスポートを回収してミャンマー大使館へ向かった。

ミャンマー大使館

事前にミャンマービザを取得した事のある人のブログを読んでみると、最寄りの駅はスラサック駅でそこから5分程度来た時の進行方向と逆に歩いて行けばあるようだ。

何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

向かっていると、たくさんの人だかりと、ブログで紹介されていた建物があったのでそこに入って見た。

なんというか…めちゃくちゃ粗末な建物なんだけど…

そして、張り紙とかされてて、たぶんミャンマー語が書かれてるんだけど、タイ語も一個も読めないけど、さらに見慣れない文字で困惑。英語の補足が一個もないよ。

入ると真っ暗い中でコピー機や飲み物なんかが売ってる売店に警備員のおじちゃんがいて、中へ進もうとしたら呼び止められた

「ビザをとりに来たんだけど…」と伝えると、
「ここを出てまっすぐ行って、左に曲がって、500mくらい行ったところに新しい大使館あるから!」って、
何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

言われた通りに進んだら綺麗な建物がありました。じゃぁさっきの旧大使館ではみんな何やってんだろうね??

この時点で11時過ぎくらいだった。

入って受付の人に観光ビザ取りに来ましたと伝えたら、じゃぁここに名前書いてねーと名簿に名前を書いて申請書と番号札を渡された。

まだ受け付けてもらえるようなので自分で手続きをする事にした。

どうせここも待つんだろって番号札を確認すると、けっこうすぐ呼ばれそうな番号。

さて、コピーも大使館で5バーツで取れるって書いてたから、どこで取るの?って多少の嫌な予感を感じつつ受付のおばちゃんに聞いて見たら

「ここ出て右に進んだ旧大使館でとってきて!」だって(笑)やっぱり

急いで走ってコピー機のところに行くと、さっきの警備員のおじちゃんが

「コピーか?」って笑いながらコピーをとってくれた。
「ジャパニーズ?コンニチワ!!」とてもフレンドリー。

再度、走って新大使館へ向かうと、こちらの警備のおじちゃんも笑いながら

「コピーとってきたの?」って言って

簡易的に荷物検査を済ませて入れてくれた。

テーブルで申請書に記入するんだけど、テーブルが低くてみんな中腰で記入していた。

表面をようやく書き込んだくらいのところで自分の番が来てしまい、

「まだ終わってないのーーー!」って言うと、
「後でまた来てくれればいいよ!!」って言ってくれたので

再度裏面を記入する。

表面にも髪の毛の色、肌の色とかなんて書いておいたらいんだろ?みたいな質問もあったんだけど

裏面は仕事について書かなくてはならなくて、現職と前職について何年から働いていたかとか書かなくてはならなかった。

ちゃんと調べるのが面倒だったので適当に書いてみた。提出して指摘されたら直せばいいだろう。

受付に戻り、できたよーー!!ってアピールしたら、あっさり受け付けてくれた。そこで支払いを済ませる。

当日受け取りにするか、明日受け取りにするか、3日後受け取りにするかで値段が変わってくるんだって。

当日なら2290バーツ(7793円)、明日なら2150バーツ(7317円)、3日以降なら1600バーツ(5445円)

もう1日ある休日休みに取りにくることもできたけど、何かパスポートが急に必要になったら困ると思ったので当日受け取りにした。
(後日うっかりATMにキャッシュカードを忘れてしまい、銀行に取りに行く事になった際にパスポートが必要だったのでやはり当日受け取りにしておいて良かった。)

さて、12時前に手続きを済ませたものの、受け取りは15時半から。

ランチ

まずはランチでもしようかーと屋台がたくさん並んでいたところに行って、人が食べているものを覗いて歩いてみた。

その中で、OLちゃんばっかりいる屋台で気になるものを食べている子がいた、そこの屋台で食べてみようと思ったけどなんて頼んだらいいのかわからない。

そこでOLちゃんのテーブルに行って

「すいません。それってなんて食べ物ですか?」って聞いてみたら
「ミームー!」って教えてくれた。
「おばちゃん!ミームー!!」って頼んでみました。
何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

焼きビーフンでした。とても美味しかった。

タイティー

しかしまだ時間はある。スラサック駅の方へ戻ってみても、とにかく何にもないところだ。

仕方ないのでカフェに入って1時間ほど時間を潰すことにした。

何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

タイティーを頼んだらインスタ映え〜〜なのが出て来ました。

さすが150バーツするだけあるね!(普段飲んでるのは25バーツ)

1時間読めないフリーペーパーなんかを眺めながら、時間を潰してみたけど冷房の寒さに耐えられず退散。

旧大使館の近辺をうろうろしてみる事にした。

散歩

何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

少し歩いていくと、教えてもらったビザ代行サービスの会社があった。

どうも以前はクリーニング店だったみたいな看板だったんだけど、そのままの名前で今は商売替えをしたみたい。

そこからさらに歩いて進んでみると、インドカレー屋さんやインド系の雑貨屋さんがたくさんあった。

なんでだろ??と思ってそのまま進んでみると

何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

ヒンドゥー寺院がありました。「ワット マハー ウマー テーウィー」という寺院だそうです。

中から線香のいい香りがして「オ〜ガッッティオ〜〜〜」みたいなお経?の音楽がずーっとループして癖になります。

もしかして「オーシャンティオーム」かしら?

少しだけ見学してさらに進んで見たら大きな通りに出た。

何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

そのまま渡って行ってみると、こんどはモスクもあった!周りの屋台がハラルフード

スラサック駅のまわりはなーーんにもなかったけれど、ここまで来ると色々な文化が混ざってて面白い街の光景を楽しめるようでした。

今度改めて来よう。

ビザ取得

さて15時を過ぎたので大使館へ戻る。

そこで、受け取りがどこになるのかわからなかったので、受付に聞こうと思ったら電話中

電話が終わったところを見計らって

「エクスキューズミー」と話しかけたら、目も合わせずに
「スリーサーティー」と中を指さされた。

それはわかってんだけど「どこで?」を知りたいのよ…

「ホウェア…」「スリーサーティー!!」

おばちゃんはそこに座ってはいるけど休憩中だから一切仕事はしないぜのスタンスwならどこかに控えればいいのにね

まわりの様子を見てたら、どうやら外国人は受付をしたカウンターの前に並んで待ってるみたい。

そこに並んで15時半を10分くらい過ぎてカウンターが開いた。受け取りはスルスルと進み、10分も待たずに受け取ることができた。

何の知識も持ち合わせいない国に行くことになった|諸事情ありまして

なんだかこのパスポートを取得してから、自分の意思じゃなくて、運命的に導かれて行く国が多いなぁ。

さてミャンマーの知識は冒頭で述べたように一つもないんだが、どうなることやら…