甘やかしが半端ない家の話

鬼滅の刃

坂の上のお家へ

階段

ミカサちゃんの家は急な坂道を登った丘の上に建っている。
毎週の様に遊びにきてても、ぜんぜん慣れない。
毎回頂上に着くまでに必ず息切れがする。
ここいら辺に住むご老人は足腰が丈夫とのこと。納得である。

到着

汗だくで到着し、ミカサちゃんの夫「父ル(トオル)」さんの席に図々しく早速座る

鬼滅の刃

すかさずミカサちゃんの愛息子「キョーちゃん」が、鬼滅の刃最新刊をスッと差し出してくれた

空調
あちー

と、ぼやいたらすかさず扇風機にスイッチを押してくれた

おつまみ

さらにミカサちゃんが、「ほろよい アイスティー味」とかおつまみとかお菓子とか美味しいパン屋さんんパンなど次から次へと出してくれた。

挨拶

父ルさんも帰宅して、ミカサちゃんは夕食の準備をはじめた

夕食の準備

スタンバイ

父ルさんは「ほろよい アイスティー味」2本目を出してくれ、
ミカサちゃんは夕食のためにホットプレートをスタンバイ
キョーちゃんは食後のゲームをスタンバイしてくれた。

全員忙しく働いてるなか、お菓子を食べながら「鬼滅の刃 21巻」を読んでて、一人ダメ娘状態

サーの称号を持つお肉を焼く

サーロイン

本日の夕食は、サーの称号を持つお肉でお馴染みの「サーロインステーキ!!」

美味しい

ミカサちゃんの知り合いのお肉業界の方からいただいたお肉とのことで、
口に入れた途端にとろける最高に美味しいお肉だった。
ミカサちゃん鼻高々。

しかも

メロン

食後にメロン半玉分出てきた!
ミカサちゃんのご実家からたくさん送られてきたとのこと
しかも

もううちは食べ飽きたので、これ全部食べちゃって

だって! なんですと!!
また今度詳しく話すが、私の大好物はメロンだ。

人生ゲーム

食後には「人生ゲーム」やカードゲームなどで一家団欒の和の中でもてなしてくれる

お土産

遅くなってきたので帰ろうとすると、

泊まっていきなよ。ディっちゃんのために布団も買ってあるんだから!
いやぁ。帰るよ。。。
そしたらこれ持っていきなよ。

ミカサちゃんのご実家から送られてきたスナップエンドウ(ミカサちゃん父作)をわんさか持たせてくれた。

弱み

ミカサ家に行くと毎回とんでもなく甘やかされる。

私は何かミカサ家の弱みでも握っているんだろうか…

※ミカサちゃん一家はどんな人にも分け隔てなく親切です。