普通列車を乗り継いで東京から北海道まで行った話ー⑥

秋田から出発

津軽海峡フェリーの12時発「ブルードルフィン2」に乗るためには青森に11時には着いていたい。

普通列車でそれに間にあわせるためには5:27発の電車に乗る必要があったので5時にはホテルを出ようと思っていたが…

14:10発の「ブルードルフィン」でもなんとか八雲まで行けるかもしれない。

というわけで朝風呂に入ってゆっくり行く事にした。

秋田駅に着くと、昨日の秋田県の人形たちが萎んでいた。

あれ、空気で膨らませてたんだね

昨日気づかなかったけど改札内にもナマハゲが飾られてあったよ

7:28分発弘前行きに乗車

途中「追分」という所を通った。

そういえば子供の頃、町内のお祭りのカラオケ大会に出て当時流行していた「帰ってこいよ」を歌ったことを思い出した。

歌詞に出てきた「追分山」はここらへんなんだろうか?

調べたら「追分山」ではなくて「お岩木山」でした。

そしてお岩木山は、ここら辺ではなかった。

景色はすっかり雪景色に変わっていた

10:02 弘前着

ちょっと改札から出て駅ビルのお土産屋さんでお土産を買い足す

以前お土産であげたら、親戚や友達からから好評だったせんべい汁を購入

10:57発 青森行きへ乗り込む

とても景色が綺麗。どうやらグーグルマップで調べたところ、方向的にあの山は八甲田山ってやつのようだ。

話には良く聞く山だ

11:41 青森着 到着!

小さめのねぷたが飾られております。青森だね!

フェリー乗り場へ

駅周辺でお昼ご飯でも食べようかと思ったけど、フェリーの売店で何か買うか食堂でで食べようと思い、まっすぐフェリーターミナルへ行く事にした

路線バスの「あおもり シャトルdeルートバス ねぷたん号に乗り込む
運賃:300円

同じバスに乗っていた10代と思われる女の子が短めのスカートに生足で
おばちゃんびっくりしたよ。

寒くないの!?

「津軽海峡フェリーターミナル」到着

ここでビューシートのチケットを購入する予定

と!思ったら!!!
なんと運休!!!!!
え!?天候不良とか!?

呆然としてたら中からお姉さんが出てきた

お姉さん「いかがなさいました?」
デ「今日ずっと運休なんですか?」
お姉さん「いいえ、年末ダイヤでこの時間のは運休なんです」
デ「それってホームページに書いてましたか?」
お姉さん「はい」

え〜本当に!?昨日も今日も時刻表何回も見たよ!?

デ「次の便は出るんですか?」
お姉さん「はい、次は17時30分発で21時10分着です」

青森から函館までの普通列車はない。

新幹線に乗るか青森で泊まるか次の便で帰って函館に泊まるか…

しばし考えていると

お姉さん「隣の青函フェリーさんでしたら運休してませんよ。次は14時35分発ですよ」

と教えてくれた。

なにーーー!別のフェリー会社があんのかーー!知らなかったーーー!

ライバル会社だろうに教えてくれてありがとうございますーー!

青函フェリーさんのチケット売り場へ

なんと!!運賃驚きの 1620円!!
やしーーーー!!

乗ろうとしてた津軽海峡フェリーさんのビューシートは3700円だったから、2千円もお得!

時間たくさんあったので待合室に行ってみた。

誰もいなかった。

食堂的なのあるかと思ったけど自販機すらなかった。

けど、ケータイの充電はご自由にどうぞな親切さ

車両が乗り込んだあと、乗船開始!

津軽海峡フェリーより「フェリー感」半端ない!

ビューシートだし!

後ろ向きだけど

順調に出港

実は海で沖に出るのが苦手だ。
ぜったい船の下にクラーケンか巨大な魚とかいるし!
深海は宇宙よりも未知の世界すぎるし!
ダイオウイカとかリュウグウノツカイは大好きだけど遭遇はしたくない!
スキューバーダイビングは一生やることはないと思う

キングオブいらない物だったキーボードをここで取り出して、少し文章を打ち出してみたが…眠たくなって寝た。

やっぱりキングオブいらない物だった

長くなったので続く